プレゼンターとプレゼンターの音楽 - オフィスプレゼンター|クラシック音楽 エレキギター - Beautiful Presenter Sound - New Classical Music - Clean Electric Guitar Sound - Fantastic Classics - プレゼンター がエレキギターで奏でるクラシック音楽


     プレゼンター - ニュークラシック音楽 - プレゼンターサウンド     


プレゼンター

プレゼンター ("音楽を贈る人"という意味を込めたアーティスト名) は、エレクトリックギター(エレキギター)によるクラシック音楽の演奏を通して、そのエレクトリックギターの一般的概念を根底から覆すべく、“美しく澄んだ音色、心に響く音楽”、“癒しを超えた音楽 - プレゼンターサウンド音楽”と銘打ち、音楽の演奏活動を始めました。

プレゼンター は、音楽の本質、存在意義、存在価値、音楽が果たす役割そして音楽が私たちの心、精神に与える影響の重大性と音楽の環境が人間形成、人格形成に及ぼす力を持つものであり、日常の生活の中において、良質の音楽を選び、聴くことの重要性を、音楽の演奏を通して人々に伝えるべく音楽活動を続けております。

今やエレクトリックギター(エレキギター)という楽器が世界を席巻し、エフェクター(電気装置による音の増幅器)を使っての早弾きと歪み系のサウンドの音楽が世界中に蔓延しています。エレキギターは文字通りエレクトリックのギターでありますが、使い方、弾き方を間違えると、騒音、雑音にもなります。エレクトリックギター(エレキギター)は両刃の剣とも言える楽器です。一般に知られているエレクトリックギター(エレキギター)の音色とは180度違う音色を導き出した プレゼンターの音楽 - プレゼンターサウンド

エレクトリックギター(エレキギター)をエフェクターを使っても、ひとつの楽曲のメロディーを完全に演奏するギタリストはなかなか存在しません。プレゼンターは、そのエフェクターを一切使わずにクラシック音楽等を演奏しているギタリストです。世界的にもめずらしいと言えるでしょう。

プレゼンター は、クラシック音楽の持つ普遍性、奥深さ、豊かさ、格調高さをエレクトリックギター(エレキギター)で表現、エレキギターの持つ一般的概念を根底から覆すような澄んだ音色とともに、“魅力ある新しいクラシック音楽”として、人々のクラシック音楽への回帰を願うものであり、同時にこの音楽が、新しいクラシック音楽ファンを呼び起こす起爆剤となることを願っております。音楽活動の趣旨を皆様に深く理解していただくことによって、この音楽を各層の人々に広まっていくこと、それが プレゼンター の願いです。


プレゼンター」 はアーティスト名。 10才の時にクラシックギターを習い始める。 ガットギターの音楽表現の狭さに限界を感じていた時に、エレキブームが起こる。エレキギターに関心を持ち、転向。1960年代に、ザ・ベンチャーズ、ザ・シャドウズ、ザ・スプートニクス、ザ・サウンズ、チェット・アトキンズなどのギター奏法をマスターし、ロック、ジャズ、ボサノバ、ポップス等、幅広い演奏活動を続ける。さらにジェフ・ベック、ジミー・ヘンドリクス、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンなどの音楽を演奏。その後現役を退く。 1975年には、現在のプレゼンターの音楽の原型である、独自のエレキギターによるクラシック音楽の演奏法(構成、編曲、演奏形態、サウンド等)を確立。同年、モーツァルト作曲の交響曲第40番ト短調 K.550を完成する。
20年以上の時を経て、構想新たに、CDアルバム - Presenter, Vol. 1 を製作、再び活動を開始する。





プレゼンター の音楽 - プレゼンターサウンド

プレゼンター は、エフェクター(電気による音の増幅と歪系の音色を出す装置)を使いません。エレクトリックギター(エレキギター)は、主に世界中の若者たちが演奏するロック、ヘビメタ、ヒップホップ、J-ポップなどの音楽で使われている楽器であり、彼らは通常エフェクターという音の増幅器を併用して、歪んだ独特のサウンドを出しており、その音色がエレクトリックギターに対する一般的概念ですが、その音色から、クラシック音楽を優しく、格調高く演奏できる楽器であるとは、誰一人として想像出来ないに違いありません。

プレゼンター はそのエフェクターを使わず、エレクトリックギターがクラシック音楽を完全に演奏出来る楽器として、そのエレクトリックギターの先入観を一掃、その概念を変えることに成功しました。


各楽曲のオーケストラスコア(総譜)のすべてのパートを、一人のエレクトリックギタリスト(プレゼンター)が数種類のギター(リードギター、リズムギター、ベースギター及びギターシンセサイザー)を駆使し、一つにまとめ上げ、新しいクラシック音楽として成立させました。エレクトリックギターのみによるオーケストレーションです。

一人のギター演奏家が、スコア(総譜)のすべてのパートを演奏するということは、オーケストラおいてパート別に演奏している団員の楽譜をすべて演奏するということであり、それは想像以上に複雑であり困難さを伴います。

世界的に類をみない、正にオンリーワンのこのギター演奏の音楽は、エレクトリックギターの持つ特性を最大限に生かしたもので、従来のクラシック音楽とは違った印象を与える音楽となりました。正統派クラシック音楽のファンの方にも、ロックやジャズ音楽、ポピュラー音楽のファンにも楽しんでいただける音楽、それがプレゼンター の音楽 − プレゼンターサウンド です。

プレゼンターの 音楽 − プレゼンターサウンド は、数多くのジャンルの音楽の要素を併せ持つ音楽と言えます。明かるくリズミカルで、力強さがあり、同時に優しく澄んだ音色の中に、懐かしさ、豊かさ、奥深さ、そして格調高さが満ちています。

プレゼンターが演奏するこの音楽は、“優しい音色の新しい形態の音楽、心豊かになる音楽、癒しを超えた音楽、ニュー・クラシック音楽" − "プレゼンター・サウンドとして世界中に発信されています。各国のラジオ局でプレゼンターの音楽 が紹介され、人々を魅了しています。

クラシック音楽の他に、古き良き時代のハリウッド映画音楽の数々、ポピュラー音楽、ボサノバなどのCDもリリースしており、心にしみる音楽として多くの人々からご好評のお言葉をいただいております。




                                                             



音楽療法としてのプレゼンター の音楽 − プレゼンターサウンド

プレゼンターの音楽 は、人々の心に音楽の基本となるメロディー、リズム、ハーモニー が三位一体となって心地よく響いていきます。人間には、最も心地よく感じる速度である“体内リズム”が備わっています。プレゼンター はその体内リズムを重視します。

プレゼンターの音楽 は、人間の持つその体内リズムから外れることはありません。生命エネルギーに溢れた音楽、それがプレゼンターの音楽 です。プレゼンター の豊かな感性が一音一音に込められて良質のエネルギーを創り出し、精妙な波動となって聴いてくださる人々の脳を活性化します。

プレゼンターの音楽 を聴くことによって、結果として、その人に様々な良い効果が現れています。

実例

1)20代後半の男性
ロック音楽のバンドでベースギターを演奏し、常にロック音楽のCDを聴いていたが、プレゼンター に出会って、正しいギターの演奏法を学ぶことによって目から鱗、プレゼンターの音楽が大好きになり、車の中や自分の部屋でプレゼンターの音楽 を聴き続けていくうちに、ロック音楽に興味がなくなってしまったことに気づく。聴きたいと思わなくなってしまった。むしろ、ロック音楽に嫌悪感を示すようになった。タバコも自然に吸わなくなり、気がつけば完全に喫煙をやめていた。

2)70代女性
ケアハウスに入居している女性は、毎日昼食時間に流れているの映画音楽がたいへん素晴らしく感じ、個人的に購入して毎晩自分の部屋で聴くのが楽しみになった。クラシック音楽にはいままで馴染みがなかったが、一緒にプレゼンタークラシック音楽のCDも購入して聴くようになった。毎日がとても楽しくなり、自分が元気になっていくのをとても嬉しく思っている。

3)50代女性
いつもイライラしていて、物事に集中できないまま一日を過ごしていた。知人からプレゼンターCDを贈られて、毎日聴いているうちにイライラがなくなり、頭がすっきりとし、気持ちが穏やかで明るい性格になってきたように感じられた。何度聴いてもプレゼンターの音楽 は新鮮で、幸せな気分になってくるのがわかる。

4)10代男子
父親がプレゼンターCDを購入、毎日CDをBGMとして流して家族で夕食をするようになって、息子本人がとてもこの音楽を気に入り、聴くのを楽しみにするようになった。しばらくすると息子は落ち着きが出てきたのと同時に素直な優しい雰囲気が出てきた。

5)30代男性
4歳の長女が夜いつまでも寝ないで困っていたが、プレゼンターの音楽 を知り、毎晩部屋でCDを流すようにしたら、となりで騒いでいた娘がいつの間にか眠ってしまうことに驚いた。音楽が流れている時と音楽が流れていない時の場の雰囲気が全く違うのに驚くと共に、プレゼンターの音楽 の素晴らしさを実感する毎日である。

6)50代男性
夜寝る前にプレゼンター のCDを聞きながら眠りにつくことを習慣としている、ストレスや頭痛、全身の疲れが取れていくのがわかる。翌朝にはスッキリといた気持ちになれる。

7)40代女性
イリノイ州在住の小学校の女性教師。プレゼンターの音楽 を授業で使ったところ、生徒たちはとても楽しそうに聴いていたので、定期的に生徒に聴かせていると、明らかに良い変化が見られるようになりました。生徒たちに落ち着きと集中力が出てきたのです。授業においてプレゼンターの音楽 の鑑賞を現在も続けています。

ご意見・ご感想のページもご覧いただければ幸いです。



   Presenter Music on Youtube - ( プレゼンターの音楽を全曲順次アップロードしてしてまいります。)





→→ 音楽&アルバムご紹介に戻る        →→ CDご購入        →→ ホーム        →→ 音楽環境プロジェクト



© 2000-2018 Office Presenter